So-net無料ブログ作成
検索選択

ザオシャンハオ!北京 その67 最終回 [北京]

というわけで、超詳細北京旅行もこれにて、おしまいであります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。(^o^)丿

2824424

今回の旅行記は、”脳内ドラマ”が、かなり複雑になって、あんまり興味のない方には、

長かったと思います。汗 個人的には、「なかなかいいんじゃないの?」と思っていますが。笑

では、恒例のお土産大公開です~

 

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その66 [北京]

高速道路で天津空港へ向かいます。

このツアー中に我々の写真を撮りまくっていた、李小姐は、アルバイトで、貧乏、しかも、ツアー中に食事なしという、三重苦という触れ込みで、ツアー中に撮った写真をお客に、売ろうとしていましたが、1枚50元!という高額さに皆さん、怖気づいてほとんど買っていませんでした。汗

カンパしてほしいというなら、もっと、やりやすい方法を考えればいいのに~

しかも、写真は全部、ピンボケだったし・・・・私は、李小姐に写真を自分のカメラでがんがん撮ってもらうように頼んだので、報酬として、3枚ほど購入して、200元(内50元はチップ)を渡しておきました。

空港では、特に何の感動的な場面もなく、毛小姐と別れて、チェックインがスタートするまで、空港ロビーで時間をつぶしました。笑

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その65 [北京]

今回の北京旅行の最後の目的地は、「総合お土産ショップ」でした。笑

今までの、お茶、絹、翡翠、七宝、その他諸々の中国製品の総括です。笑

2909256

もう、こういった、もったいぶったコーナーも見慣れた物になりましたね。

誰も見向きもしません~

この扉の向こうに、普通の約100畳ほどの”安物”お土産センターが展開されています~

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その64 [北京]

翌日の集合時間は、今までの6時30分とかから、ぐっと遅くなって、

8時30分。楽勝ですね。笑

bei472.jpg

今日の朝ごはんもちょっと変わった物を・・・笑

白いのは中身の入っていない饅頭みたいなのです。

左側の揚げパンにコンデンスミルクをかけたのだけがおいしかったです。笑

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その63 [北京]

京劇終了後、ツアーから離脱して、本当は、前門大街のほうへ歩いていこうとしたのですが、

毛小姐に、離脱は原則禁止!といわれて、ホテルへおとなしく帰りました。笑

2889303

で、ホテルから脱出して、地下鉄へ向かいます~汗

しかしですね~ホテルは、高速道路の中州のようなところにあるのです・・・

 

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その62 [北京]

夕食の後は、オプショナルツアーの”京劇”へ行きます~(^o^)丿

このオプショナルツアー、結構高くて、一人3500円!も取ります。汗

2871829

梨園劇場という、劇場で観劇します~

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その61 [北京]

さあ、お土産ショップも済んだので、夕食に向かいますよ~

bei454.jpg

シュウマイ処、「都一処」です~(^o^)丿

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その60 [北京]

それでは、万里の長城から、お土産ショップへ向かいます。

1時間半ぐらいかけて、北京市内へ戻ります。

2850902

玉の金魚鉢で、金魚がお出迎えです。笑 

よく見ると鉢の縁は、”水泡眼”と、”頂天眼”だったりして、中国っぽい金魚がモチーフになっています。

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その59 [北京]

というわけで、もう少し、万里の長城、八達嶺長城を紹介します。

2840646

通称”男坂”をかなり登ってきました。汗

すごい眺めじゃないですか?!谷になっているところに、関のようなものが造られていますが、多分、後から継ぎ足した物です。笑

続きを読む



ザオシャンハオ!北京 その58 [北京]

この日の私の出で立ちは・・・・

bei437.jpg

例のウールの長袍(チャンパオ)風のコート。その下に薄いダウン、その下にカシミアセーター、その下にフリースのシャツ。頭にはポーランド製のウサギの帽子・・・・

重装備です・・・長袍の下から冷気が入らないように、腰には、濃紺の着物の腰紐(!)を締めています・・・・笑

完全にどこかの民族衣装です。笑

続きを読む



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。